IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

新型コロナ。5月12日時点の情報をもとに個人的に試算した。死亡率は、死者数÷総人口×1000。
       死亡率  陽性率     喫煙率
東ティモール 0,0  0,005   78%
インドネシア 0,2  0,003%  76
チュニジア  0,11 0,004   65
ロシア    0,79 0,078   58
モルディブ  0,0  0,022   55


     死亡率  陽性率   喫煙率
スペイン 50   0,49  31
イタリア 44   0,33  28
フランス 37   0、25  36
英国   31   0,23  25
米国   17   0,3   25
ドイツ  7    0,19  33(BCG)
イラン  7    0,11  21
エクアドル 4   0,08  12(赤道直下)

トルコ  3    0,13  41
ブラジル 2    0,03  18                   韓国   0,4  0,02  41(BCG)
日本   0,33 0,01  33(BCG)
中国   0,3  0,0057 48(BCG)   

ギリシャ  ???       52
イラク   ???       39(BCG)

喫煙率とBCGの差で、新型コロナの陽性率・死亡率が大差です。暑さも関係していますし、ウイルスの型(強毒性か弱毒性か)も関係するので簡単ではないですが、タバコの予防効果は自明でしょう。 感染爆発の欧州の一角を占めるギリシャからは新型コロナの感染爆発は聞こえてきません。

感染爆発中のブラジルの喫煙率は18%と低い。喫煙率58%と高いロシアでは最近、感染爆発中ですが(政府発表。感染者32,6万人、死亡者数3244人。23日)、死亡率は1%程度と低い。
意外なのは中国で、大きく騒がれた割には死亡率・陽性率ともに非常に低いですが、喫煙率48%が効いているのでしょう。
長々と失礼しました。