IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

(各国為替レート / JT見込 / 本日実績)
ドル円 / 108 / 105.22(▲)
ドルルーブル / 63 / 68.21(▲)
ドルポンド / 0.78 / 0.77(+)
ドルユーロ / 0.89 / 0.88(+)
ドルスイスフラン / 0.97 / 0.94(▲)
ドル台湾ドル / 30 / 29.93(+)
ドルトルコリラ / 6.2 / 6.1(+)
ドルイランリアル / 130,000 / 152,500(▲)

(JT営業利益為替感応度)
ルーブル / 30%弱
ポンド / 15%程度
台湾ドル / 10%強
ユーロ / 10%弱
イランリアル / 5%程度
トルコリラ / 5%程度
スイスフラン / ▲10%程度
ドル円 / 1円円高で調整後営業利益▲33.5億円

コロナショックにより円高ドル安が進んでいます。とりわけ、資源価格の下落によりロシアのルーブル安が進んでおり、円高、スイスフラン高、イランリアル安と合わせて為替による100億円以上の下方修正が見込まれます。ただ、ポンド、ユーロ、台湾ドル、トルコリラはプラスに働いており、JTには1兆円近い有利子負債がありますので、ドル円ユーロの金利低下も業績にプラスに働きます。

また、急激な景気悪化により、今年7月に入札を行い、9月に売買契約の締結を予定しているJTビルの売却手続きでは、土地代だけで300億円近い物件の売却価格に影響する可能性もあり、場合によっては延期の可能性も考えられます。

トップクラスのディフェンシブ銘柄でありながら、世界経済の影響からは逃れられないJT。ただ、ESG投資で外国人株主比率が16.9%まで低下していたことが功を奏し、ここ2週間の下落は日経平均の▲11.2%に対し、▲6.8%にとどまっています。