IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

今後、どんな風に売り方が売ってくるかですが
①4月の改正健康増進法で仕掛ける
②6月の配当落ちで仕掛ける。
などが、考えられる「かも」しれません。

2020年12月期のJTの予想数字はあまり良いモノではありませんでした。
そういうことで、
①3月末の株価が2350以下ならば、、このネタで売ってきて、もう一度、2200台があるかもしれません。
②6月の配当取りでも2500円を超えられないという可能性も大いにあります。最悪、権利直前で2400以下かもしれません。そうなると配当落ち後、3番底をとってくる可能性もあります。

いずれにしても、2179は割ってこないというのが、わたしの予想ですが、6月の配当取りで、2525まで上昇する「筈」と思うと、当てが外れるかもしれません。現物は、期限がありませんから心配ありませんが、信用買いを膨らませてしまうと、追い証ものになるかもしれません。