ここから本文です

>>351


国内認知症およびそ予備軍を合わせた数、団塊世代が 75 歳以上を迎える 2025 年に1300~1500 万人にもなるといわれており、厚生労働省が認知症施策を打ち出すほど国として対策が必要になっています。認知症進行性であり、予備軍うちに対策をすることで症状進行を遅らせること可能だといわれ、食習慣改善、定期的な運動習慣、頭を使って行動することなどが認知機能維持に良いとされています。また、近年始まった機能性表示食品としても認知機能に対する機能を持つ食品が求められており、L-テアニンそ素材としても期待されています。

【L-テアニンについて】
L-テアニン緑茶に特有に存在する旨味成分で、茶中で最も多く含まれるアミノ酸です。緑茶中含有率乾燥茶葉中に1~2%しかない貴重な成分で、玉露など高級なお茶ほど多く含まれており、抹茶に番茶12倍もテアニンが含まれています。

【太陽化学L-テアニンに関する取り組み】
太陽化学株式会社、世界で初めてL-テアニン工業スケールで生産技術を確立し、世界No.1企業として「サンテアニン® (untheanine)」を商品化することに成功しました。生命科学研究と酵素工学技術という農芸化学的な科学技術を総合的に駆使して開発されたL-テアニン、現代社会が求める癒しに対応した食品素材として、国内外食品業界に新しいコンセプトを提供しています。太陽化学L-テアニントップメーカーとして地位を確固たるもとし、研究開発発展にも大きく貢献したことから、2009年に日本農芸化学会農芸化学技術賞を受賞しました。