ここから本文です

>>351

エエですな~

太陽化学株式会社(本社:三重県四日市市)、国立精神・神経医療研究センター神経研究所(東京都小平市)、2019 年 6 月 2 日(日)~6 日(木) カナダ バンクーバーにて開催される WFBP (14th the World Federation of ocieties of Biological Psychiatry) お よ び ア メ リ カ ボ ル チ モ ア で 開 催 さ れ るNutrition2019 において「健常人を対象としたテアニン(サンテアニン®)ストレス関連症状と認知能力に対する臨床試験における有効性」 について学会発表します。
WFBP:精神医学に関する国際学会
Nutrition 2019:栄養学に関する国際学会

発表内容
健常な成人を対象とし、L-テアニン(サンテアニン®:太陽化学株式会社)継続摂取における、精神状態、睡眠関連症状および認知能力について臨床試験(ランダム化 プラセボコントロール クロスオーバー ダブルブラインド)により評価をおこないました。
健康な被験者 30 名(男性 9 名、女性 21 名、平均年齢 48.3 歳)を対象に、L-テアニン 200mg を含む
錠剤また L-テアニンを含まないプラセボ錠剤を 4 週間連続摂取してもらいました。2 週間摂取をしないウォッシュアウト期間を設け、そ後テアニン錠剤とプラセボ錠剤を入れ換えて 4 週間同様に摂取してもらいました。評価抑うつ、不安、睡眠および認知に関する評価を実施しました。
L-テアニンを 4 週間摂取したところ、抑うつ、不安、睡眠について摂取前後で有意に良くなりましたが、プラセボで変化ありませんでした。また、認知において、言語流暢性および遂行性において L-テアニン摂取前後において有意に良くなりましたが、プラセボで効果見られませんでした。
また、被験者を認知能力高い人と低い人に分けて層別解析したところ、認知能力低い人たちで言語流暢性において、プラセボと L-テアニンとで群間における有意差が認められました。L-テアニンにおいて言語想起や思いつきについて良好となる効果が認められたと考えられます。
以上ことから、L-テアニンを摂取することにより認知能力が向上する可能性が示唆されました。