IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

業務用メーカー、日東ベストの大沼一彦社長は3日の会見で、9月中間期の業績推移と下期の見通しを示し、大幅増益の計画達成に向けて意欲を示した。中間連結業績は売上高が前年比4.5%増267億円、営業利益146%増4億4500万円、経常利益96.7%増4億8700万円、純利益115%増3億9200万円。通期業績予想は売上高3.9%増545億円、営業益58.2%増15億円、経常益43.6%増15億円、純利益38.8%増10億円。