ここから本文です

エバラ食品工業の19年3月期第2四半期決算は、売上高が前年同期比0.6%増の257億6100万円、営業利益が74.5%増の11億5100万円、経常利益が70.4%増の12億2700万円、純利益が78.6%増の8億0500万円だった。「黄金の味」のリニューアル効果による利益貢献に加え、物流、その他事業の売上げ伸長が寄与し増収増益となった。
そろそろ評価されてもいいけどねぇ。