ここから本文です

この会社の売上高は、2013年をピークに徐々に下がってきている
ところが気になります。
今後も魅力的な商品を出し続け、顧客の掘り起こしができるのか、また、
さらに原価率を下げて、売上高の減少をカバーできるのかという点が
気になるところです。
10月の消費税率UPの影響などにも注意が必要です。