ここから本文です

8月2日に突然知る事となった創業者保有株の売却がほぼ完了しました。8/3~12までをピークに売却が進められた報告が提出されています。その間の出来高が多い結果を見ても裏付けは十分です。信託売買という事がどうした方法か判りませんが、大量売却した人がいる一方で、この期間の7000~7500レベルで同数量が買われた結果と考えると今後の株価動向でにおいてこの価格帯の持つ意味が重要になると思います。
大量売却が完了する事で一応需給は改善すると考えますが、一度壊れたチャートが改善するにはそれ相当の買いが必要なろうかと思います。今回の創業者による大量式株式売却が流動性向上につながればよいと思いますが・・・好業績基調に変わりないのでイベント期待もしつつ現物保有のスタンス継続としたいと思います。