ここから本文です
  • >>226

    いや、よく持ちこたえている方でしょう。
    昨年の第一四半期の決算発表の段階で、もう現在の3期連続赤字決算の状況は見えてました。高止まりしている固定費に対して抜本的な改革をしなかったから(現状の遊技機市場では1機種あたりの台数で、もう5年前10年前のような台数を売ることが不可能という前提です)。
    そしてそれは今期も同じです。株主総会で経営者から固定費に対する明確な経営方針が打ち出されなかったし、固定費を減らさない代わりとなる売上・利益に関するビジョンもまた出なかったから。
    要するに今期G20や即位の礼で県ごとに入替自粛で販売台数が減ったり、相変わらず遊技機の適合率が低くて適宜遊技機の販売が出来ないのにもかかわらず、財務体質を変えないと宣言をしたようなもんです。
    だから4期連続赤字はかなり濃厚ということです。
    今がどういう状況かと言うと、偶発的なヒット待ち状態ですよ。
    その割に株価は頑張ってる方です。