ここから本文です

家電屋が要る必要性とは何かって言うと
電気設備工事の請負と実物の展示販売を同時にできるってところなんじゃないんですかねぇ。

誰も彼もが新作家電見本市行けるわけでもないし、電設技師資格取ってるわけでもないし

そういう意味で見れば、街の電気屋さんを自称するエディオンと、なんでもやを自称するビックとケーズとヨドバシカメェラは生き残っていくんじゃないかと思うんですよ。
ヤマダ?大塚と組むあっこなぞどうなっても知らん