ここから本文です

>>816

いいえ、決算がもっとも期待できるのは円盤の利益が
入った時です
映画の利益は40億を大きく超えているような興行収入
ならともかく15億程度ではよほどの低予算で作られて
いるのならともかく、通常はその制作費などの経費すら
完全には賄えず赤字であることがほとんど
だからそのリスクを軽減する為に制作委員会方式で制作
されるのですから
利益を生むのは各社が獲得する版権と円盤です
特に円盤の利益で赤字を完全に回収してさらに利益をと
いうのが今の映画ビジネスのスタンダード
中には映画がずっこけてたが何故か円盤ばか売れで儲け
がでたというのもあるくらいですから
今の映画ビジネスは、映画単体の収入で目指すのは経費
の回収、それができればあとは元手0で商売できるのです
から売上全部利益とまではいきませんがそれに近い商売
で儲けるのが映画ビジネス
今の状況で考えると円盤の発売は来年初頭早くても年末
でしょうから決算が一番期待できるのは来期第一四半期
ひょっとすると本決算かというところでしょう
ただ本決算に利益が計上されると本決算は決算よりも来期
予想に左右されるので最悪になるかもしれませんが