ここから本文です

株主総会では優待は儲かっていないので出せないということでしたが
泊まってもCVSホテルの割引を利益が出る範囲でもでもつけることが出来たら
どうせ他のホテルに泊まる可能性があるのが
優待でこのホテルに泊まってくれればそれだけでも儲けもの宣伝広告的な価値も考えたら
利益があるというような考え方もできるのかなと感じました。

またオリンピックに対してはまだ予測もつかないということで、
まだ特に考えてもいないということでしたが、
オリンピックと工事時期は年末、お盆に年6日イベント(コミックマーケット、3日間で60万人の来場)の時は1日に1500万円で全国ローソン店舗売上記録の1位のローソン国際展示場駅前店(コンビニ事業年間の1%の売り上げを1店舗の6日だけで占める)がイベントができないため、
その点も対策をどうするのか少し不安が出て来る面もありました。

あとはCVS製作のイベント限定グッズをいずれロッピーなどで遠隔地のローソンでも通販出来るようにしたいとのことでした。

また天候不良などでイベントで売れない場合もある程度の既刊在庫を売ったり回せるものは他のイベントに回すこと、もしくは傷がないものは返品などでもし売れなくても損失は少なくするように対策は取ってあるということです。
現在、年末とお盆の6日間のイベントグッズで売れているものを他のイベントも含め20日間くらいに拡大していきリスク分散やより利益を得る機会を図りたいとのことでした。