ここから本文です

6月7日の日経に「<日経>◇不二製油Gの第1回劣後債をBBB+に格付け・R&I」並び、
「第1回利払繰延条項・期限前償還条項付無担保社債(劣後特約付)350億円▽償還期限=2049年6月11日▽利率=2024年6月13日まで0.78%、翌日以降6カ月円LIBOR+1.85%▽申込日=6月7日▽払込日=6月13日▽発行価格=100円
」。

他方、2019/5/31時点の「R&I格付一覧」では以下のようになっている。
ここで、5月末の格付けAが6月7日にBBB+となったことがネガティブに捕らえられたのだろうか・・・

もしこれが材料視されたなら、第1四半期決算次第で不安視解消⇒株価回復を期待したい。

コード 2607
発行体 不二製油グループ本社
発行体格付/保険金支払能力
    A
格付の方向性/モニターの方向
    安定的
短期格付
    a-1
公表日
    2019/05/08
https://www.r-i.co.jp/file/topics_data_lists_japanese-corporate-50.pdf

因みに、3月末の金融機関からの借入は
短期借入金 114,249
社債     10,000
長期借入金  36,205
合計    160,454百万円(C)
総資産   383,389(A)
現金預金   21,217(B)
(C-B)÷(C-A)=38.4%

そこへ35,000百万円の無担保社債が加わる。