ここから本文です

株主総会とは別の話ですが、高松市内を歩いて感じた事は、市内中心部のアーケード街でも空き物件が多く、人もまばら。やはり地方は厳しいな、と。
東京の一人勝ちが著しい、地方では株や投信などで利益を出している、もしくは建設関係以外の人はほとんど、アベノミクスは関係ないのかな?と思いました。

今後、ますます、人と物と金が東京に集まるのは間違いない。地方がどんどん衰退していくので、
地方もどうやって都会や世界に物やサービスを売っていく事が大事なんだと、つくづく感じました。

東京にいれば、億ションが完売し、タクシーも路上では捕まらない事が多くなり、景気が良くなっていますが、
地方では、まだまだ厳しいですね。

あくまでも私見です。