ここから本文です

着実に業績を上げ、慎重に(過ぎたるは及ばずが如し)
市場に対峙し、無駄口は叩かず、控えめに構える会社。
しかし、よく考えると、社長はなかなかの策士。
*株価が高いうちにさっさと持ち株を法人化し、社長の
 投資資金は何十倍にしてちゃっかり回収済み。
 法人は配当金を積み上げ、株価の下がった期には償却
 をし簿価を下げれば、将来の含み益の種になる。
 個人では償却が不可能なので、さすがの手法。
*近い将来「株主還元率は30%にする」と宣うが、増配
 を続けるとは言っていない、即ち純利益が縮小すれば
 還元率30%にしたが減配という事もありうる。
 まして海外でM&A等を行なえば、のれん代の償却等で
 純利益の圧縮などはいくらでも手はある。
・・・等々
本当に株主あっての企業という観点に立てば、一寸
懐疑的な見方もできる。
市場との対話の少なさ、法令に準じた最低限のIR。
卓越した成長企業のトップには程遠い姿かな?