ここから本文です

東証第一部の市場の質を向上するため、格下げ企業を
選別し、一部市場から外す方向・・・という記事が
報道された結果、市場全体がゴールデンウイークもあり
買い手不在に輪を掛けたような世界の無関心市場になったようだ。
タイミングも市場関係者の心理的影響も考えない東証
のお役所体質は最悪、世界に劣後するのは当たり前。
また、この経済・外交の混乱期に、10連休等と暢気な
ことを行う日本の市場は最早、世界の投資家にしてみれば
使い物にならない市場の感が甚だしい。
英国・EU問題、米中問題、米朝問題、イラン問題、・・
為替市場、株式市場が混乱しそうな大問題の時期にだ・・
世界先端技術では5G問題で一分・一時間・一日を
競っている時期に、救いようのない平和ボケ日本。