ここから本文です

東証の市場第一部の質の向上と信頼性を高めるため、
内部昇格した一部銘柄の格下げ検討のニュースが
売りを誘ったと見る。
時価総額と市場の流動性が問題。
業績、財務内容、決算状況等ファンダは良いが、如何せん
市場一部にしては見すぼらしい市場性が・・・
会社はもっと資本政策を交え市場対策を積極的に
行なわないと、上場した意味も効果も得られないのでは。