ここから本文です

このトレーニングプログラムは、某国の諜報機関が、AppleやAmazonなどの世界的に重要な
民間インフラストラクチャ企業や米軍や米諜報部隊において使用されているサーバーに監視
チップをインストールしたというメディアの主張に応えて開発されたものです。 ハッカーに
よる ハッカーによる この 攻撃は 、ハードウェアサプライチン内のヤを ハードウェア
サプライチン内のヤを ハードウェアサプライチン内のヤを 通して 実施されたという点が
重要 う点が重要 であ り、 この点を考慮し、サイバージムのイスラエルR&Dセンターでは、
複雑なハードウェアベースの攻撃に対して防御する効果的な戦略を組織に提供するトレー
ニングプログラムを開発いたしました。
ハードウェアまたはインフラストラクチャレベルで発生するハッキングを特定し防御する
には、高度なフォレンジック分析と広範なトレーニングが必要です。 サイバージムの新開発
プログラムは、メモリ、ネットワーク、PLC、オペレーティングシステムなどのフォレン
ジックレイヤーをすべて網羅し、組織の異常検出スキルを強化します。そのユニークな
多層トレーニングは、コアメンバーに重要なフォレンジックデータ収集スキルを与えるだけ
でなく、組織が攻撃の被害の一部を分析、緩和、修正することを支援いたします。
サイバージムのエンジニアとホワイトハットハッカーは、実際に起こった攻撃シナリオを
模倣するために、Bloombergレポートで特定されたサーベイランスチップのバーチャル
モデルを開発し、実戦的なトレーニングとしてプログラムに反映させております。
「私たちのプログラムは多層フォレンジックに基づいており、スタッフの訓練とサイバー
セキュリティポリシー強化の両方を実現できるよう設計されています。」 (サイバージム
CEO Ofir Hason)
このトレーニングシナリオはインフラストラクチャ自体が感染してしまう可能性が高いという
点に焦点を当てています。


一歩ずつ前進!