ここから本文です

証券取引等監視委員会は28日、
ネット上に「川上塗料の株価が上がる」などと書き込み、
株価操縦情報を流したとして証券取引法違反(情報の流布)の
疑いで東京都港区の無職中前祐輔被告(53)=同法違反罪で
起訴=をさいたま地検に告発した。

調べでは、中前被告はネットの株式売買に関する掲示板に同社株について記載。
「潤沢な資金で、株価が上がる」などと書いており、
監視委は株価をつり上げるため株価操縦の情報を流布していたと認定した。

中前被告は既に証取法違反(株価操縦)の罪で起訴されている。