ここから本文です

■人材育成が急務

 一方、日本の現場で技術を活用できる「人材が不足している」(日本イスラエル商工会議所の小木曽明夫理事)。経済産業省は、サイバー攻撃などに対処できる人材が20年に20万人近く不足すると予測する。

イスラエル駐日大使のヤッファ・ベンアリ氏は「人材育成や技術の共有など日本に幅広い協力ができる」としている。