ここから本文です

JBRが後場上げ幅を拡大、セゾンカード会員向けに生活サポートサービスの提供を開始

 
ジャパンベストレスキューシステム<2453>が後場上げ幅を拡大している。午後1時ごろ、クレディセゾン<8253>が発行するセゾンカード・UCカード会員向けに、7月1日から生活サポートサービス「くらしセゾン」の提供を開始すると発表しており、これを好材料視した買いが入っている。

 同サービスは、月額利用料金300円(税抜)で水回りのトラブルやカギのトラブル、ガラスのトラブルなどの生活トラブルサポートや、ハウスクリーニングサービス、家事代行サービスなどの家事サポートサービスを会員価格で提供するもの。JBRでは、約2700万人のセゾンカード・UCカード会員に、生活サポートサービスの提供を行うことで、新規顧客の拡大を見込んでいるとしている。なお、同件による19年9月期業績予想には変更はないとしている。