IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ちばぎん証券マーケットウィークリー1164号(2022.5.20)で空中ディスプレイが特集されています。

h ttps://www.chibagin-sec.co.jp/market/

>産業ニュース
>利用拡大が期待される空中ディスプレー

デジPOSの紹介、他方式の紹介、今後の課題と可能性などで、常連さんには目新しい情報はないかと思いますが、一応。

※見出し抜粋
・空中ディスプレーの社会実装がスタート
・工業化の技術は日本が独走
・市場拡大の鍵は非接触以外の新たな価値提供
・光学素子の量産化によるコストダウンが不可欠
・映像品質の改善、サイズの大型化、操作感なども課題
・日本主導で国際標準化の議論が進む
・空中ディスプレーのさらなる活用に注目

関連銘柄として登場するマクセルや大日本印刷がASKA3Dプレートを(も)採用していることや、三菱電機が福岡でASKA3Dプレートを採用した実績があることや、アルプスアルパインもASKA3Dプレートで車載用を開発中と思われること(アスカネットの中国代理店YesARのサイトに写真)などはご存知ないのだろうな、なんて謎の上から目線で突っ込みを入れたくなりますが、最近の情報も盛り込まれた参考になるレポートだと思います。

空中ディスプレイの映像品質の国際標準化は楽しみですね。

勝手な想像ですが、ASKA3Dのサイトに「唯一のAAA品質」みたいな文言が追加されている様子が目に浮かびます。