IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

凸版印刷は、空中タッチディスプレイのサンプルを2020年12月に提供開始、2021年の量産試作を経て、2022年の本格量産を目指します。主に医療用機器、公共施設の設備操作盤、高いセキュリティが求められる施設の入退室管理設備などへの採用を目指し、2022年度に関連受注も含め20億円の売り上げを目指します。

来年になれば株価は上がる。凸版印刷が持つ優良顧客は期待できる。