IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

ひとつ大事なこと忘れていませんか。各国から問い合わせがあって、仮に発注したとすると、当然、アスカに在庫が必要です。それは、アスカの A I P生産能力にかかっています。アスカの A I P生産能力は、去年の中頃、月産三千枚までは、明らかになっている。その後、一万枚では、いけるだろといいながら、梨の飛礫。いつも IR担当が働かず、全く明らかになっていません。この点を皆さんで問い合わせできれば、出てくるかもしれません。ところで、アスカネット敷地内にある工場は、 A I P生産のためでしょうか?