ここから本文です

>>329

ライバル?のパリティさんは日東電工さんと協賛し、漫画家,映像作家などのクリエイターや学生を巻き込んで、エア・フローティング・メディア委員会という普及団体?で活動しています。ASKA3Dに関しては素材屋なので売った後の事は知らん、という態度でなく、自ら率先して一般向けの情報発信に努めるのも非常に大事。
折角フォトブック関係でクリエイター達と強いコネクションがあるんですから、もっと活用してPRしては如何でしょうか?俺は、第一弾として、樹脂プレート活用の空中デジタルフォトフレームを自社製品として発売と同時に、有名写真家や漫画家と協力して空中映像を活かした写真・映像企画展を全国行脚で開催すれば、ほとんどコストをかけずに一般人への知名度UPが図れると思いますo(^^o)

  • >>331

    >ASKA3Dに関しては素材屋なので売った後の事は知らん、という態度でなく、自ら率先して一般向けの情報発信に努めるのも非常に大事。



    パリティは本業で空中結像しか売ってるものがないから真剣
    こけたら存続自体が危うい。

    アスカは副業だから、売れなくても会社は存続できる
    これが素材メーカーに徹している実情
    その現実を知らないで盲目的に応援している人を見ると
    哀れでしょうがない。
    株主総会でその点を強く主張しても良いと思うなぁ
    この会社は遅いと万年言われているけど
    パリティのようにこれに賭けている企業だったら
    もうちょっと違ったかもしれない。
    たらればは好きではないので
    これからのアスカに期待したい。