IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>1406

会社法においては、会計基準の処理に対応して
「割当日」と「払込期日」を区分して、
ストック・オプションを付与された者が
その割当日から新株予約権者になることが明らかにされています。
ただし、払込金額が存在する場合については
払込期日までに払込金額全額の払い込みがなされない場合には
権利行使することができません(会社法第245条、第246条)。