IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

若い子の浴衣姿は最高だね

賑やかになる人の声
自然と気持ちも高ぶっていく
カランコロン季節の音がバックグランド
ミュージック
君を迎えにいこう

夏にある風物詩赤提灯とお祭り
それにつられて誘われて
だから今日は君もなんだか嬉しそうだ
僕も同じさ

月の明かり 2人照らしてる
手をつなげる距離がもどかしくて
少しだけ涼しい夜の風
君の髪を揺らす

淡く咲いた夏の恋花火
君色に染められてく
すぐ傍で微笑む横顔
君のことが誰よりも好きなんだ

パッと咲いた夜空の花火
人混みに紛れないよに
ぎゅっと掴んだ手離さないように
したかった僕だけのものに
この日が終わってしまえば
次はいつ会えるんだろうか
胸の奥が痛んだ
なにも言えずうつむいてたんだ

誰もいないあの場所で2人
流れ星探した夏の空
願いを込めた気持ちは今も
言葉にはできなくて

淡く咲いた夏の恋花火
近くて遠い僕らの距離
まだ側で微笑む横顔
時間だけが過ぎてゆく
胸が痛いよ

最後の花火上がって終わった
夜空見上げ思い焦がれた
帰りたくない
気持ち伝えたい
だけどもう駅まではあとわずか
手を振る姿寂しくなんだ
一緒にいると想い募んだ
いっそのこと
もうこのままでいい
だからあと少し君のそばに

月の明かり 2人照らしてる
何もいえずに手を振り返すよ
後ろ姿が小さくなってく
やっぱり伝えたくて

淡く咲いた夏の恋花火
君色に染められてく
帰り道一人つぶやいた
君のことが誰よりも好きなんだ

  • >>369

    キラめくネイルが 夜を彩ってく 繋いだ手は ずっと 離さないから
    逢えば逢うほど 大切に思えてく 想い出がまた増えてくねパレード 賑わう街の中で いつもちゃんとつかまえていてね
    二人きりで感じ合える事 今夜も重ねていこう

    すれ違う距離に負けたくない いつか歴史になるはず
    街中に鳴り響くカテドラルの 鐘の音が 二人を包む【伊藤・野元・井上】

    ジュエルのように輝く星に 真っ白な愛を束ねて誓うよ
    ふたりめぐり逢えたこの奇跡を いつまでも大事にしていくから
    エメラルドに瞬く街で 夜明けまで話しをしていよう
    一粒のKISSで永遠を 感じさせてCause I'm Loving You

    プレデントを探して 彷徨うMilky Way この道は あなたへと続いている
    ふたり結ばれる街へ 辿り着ける地図を描こう

    木枯らしの季節 心折れる夜は 君を照らす光になりたい
    雨宿り駆け込んだ路地から見た あの日の虹のように

    傷つく事恐れず一歩ずつ 前へと進んでいこう
    心疲れる時もあきらめず 幸せはきっと巡るよ

    ジュエルのような時間はいつでも 矢のように過ぎ去っていくけど
    白い息が重なるように いつか君の夢になりたい
    サファイヤの風に寄り添えば 凍える日も笑顔溢れていくね
    世界で一番の愛を いつまでも捧げ続けたい

    ジュエルのように輝く星に 真っ白な愛を束ねて誓うよ
    ふたりめぐり逢えたこの奇跡を いつまでも大事にしていくから
    エメラルドに瞬く街で 夜明けまで話しをしていよう
    一粒のKISSで永遠を 感じさせてCause I'm Loving You

    いつまでも信じ続けたい

    chuchuchuchuchu
    Sweet Jewel Kissing You!
    chuchuchuchuchu