ここから本文です

最近、株価が下落基調ですね。
寄付きに比較的大きな成行売りが出るし、場中は断続的に数千株単位の売りを並べて売ってくるような注文が何度もあり、これは個人主導で売られている感じではないです。(無論、提灯点けている個人もいるんでしょうけど)

誰が売っているのか、なぜ売っているのかは誰にもわからないので推測に過ぎませんが、今般の下落は、ファンドの解約売りが主導しているような感じです。エムスリーは昨年10月から急落し、12月に底値1379円をつけて反転ましたが、その頃に買った投資家は十分に利が乗っています。
相場全体が冴えない状況だし、ファンドのパフォーマンスを改善するために、利益が出ている株の益出し処分が出やすい状況。エムスリーの場合、2000円で売ろうが1900円で売ろうが利益は出るから、株価が多少下げても処分を優先して、淡々と売ってきているのかもしれません。
決算発表前に売り切るのか、その後も続くのかはわかりませんが、これはあくまでも需給の問題です。

株主総会での業績説明や質疑応答を見た限り、今期の業績はあまり心配なさそうな印象でした。業績重視の中長期スタンスの投資なら、需給改善は待つよりほかはないですね。

あくまでも個人的見解ですので、悪しからず。

さて、1Q決算はどうなることやら。