ここから本文です

世界的な利下げ懸念=景気減退。
下の投稿人は真っ先に福利厚生が削減されると書いているが、それは風前の灯火的な企業がやる事。
健全な企業はアウトソーシングするでしょう。

中小零細企業はそもそもベネワン使っていません。
営業マンも中小零細企業に新規開拓の営業しないだろうし、、、契約取っても数人〜数十人、そんな企業に時間使うのは無駄。

まだ取り込めていない大企業の従業員数は中小零細企業の従業員数より圧倒的に多いはず。

つまり、ここは生き残るよ。
景気が右肩下がりになればなるほどここの真価が評価される。

あくまでも私見ですので悪しからず。

  • >>382

    すみません。これ、私のこと?、気が付きませんでした。

    昔、ダイエーて会社が潰れ大量の失業者が出ました。最近ではあの大会社の東芝が揺れました、知り合いがいて、とても福利厚生が良く羨ましく思いましたが、今、社員さんは元気してるのでしょうか、心配します。
    景気が良いと、就職内定学生を海外旅行へ連れ出して囲い込み、他社の接触を妨害したりしてました。一転、不景気になると、派遣社員とか言って最悪の雇用条件に。未だに正規雇用にもなれないまま中年になる人たちが問題になってます。
    企業は、いつも会社存続が優先です。大手だろうが、ちっちゃな会社だろうが。
    ベネフィット・ワンは、他の会社のふんどしを頼りにしてる会社だと思います。
    親会社も同じでしょう。悪口を言ってる訳ではありません。今まで、時代に沿って上手く回して成長してきたのでしょう。利益も毎年頂きました。
    それと、ここの会員カードそんなに魅力的ですか、10%程度のサービスなんて、普通にあると思います。ネットのクーポン程度でしょ。

    ただし、私は、ある1点に限り会員券どうしても必要なのでこの会社の株を買ってます。(会社の福利厚生が粗末なもんで、)。なので、基本株価が上がらなくても、全然気になりません、享受出来るメリット分以下に極端に下がらなければ良いので。もちろん上がれば、ラッキーですが。ただ、ただ安く買えれば良いのです。なので、とても気が楽です。すみません。
    あくまでも、私見です。