IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

オンコマインの検出感度は、およそ10%と言われており(がん由来のDNAが全体の10%以上必要)、検体提出時に腫瘍細胞割合が30%以上あることを確認する必要があります。
肺がんでは生検は小さい組織であることが多く、血液細胞や正常細胞も多く含まれてくるため、検体提出の大きなハードルになっています。
肺がんコンパクトパネルの検出感度は10倍程度良いため、腫瘍細胞割合の高い症例をスクリーニングする必要がなく、より多くの患者さんに検査提供できるのです。
これらが、テンバガー候補の所以と誰かが言っていました。