ここから本文です

日々公表に指定された銘柄は、毎営業日に信用取引の未決済残高が公表され、投資家に注意喚起が促されます。 買い残と売り残が公開されるとどのような効果と影響があるかというと、規制措置がとられることによって、過度の信用売買が自粛されやすくなるという効果があります。 

仕手系材料株はファンダメンタルズで分析すると異常な高値まで買い進まれるケースが多いため、相場の知識をある程度持っている投資家ほど売り玉を建ててしまうのです。 当然仕手筋は売り残が急増している銘柄に目をつけ、さらに上昇させることで踏み上げ相場を誘発させます。空売りが大量に発生した日から値幅を計算して、強制ロスカットになる水準を目標株価に設定するということが多いです。 その水準を数日維持させて、株価が乱高下している間に分からないように売り抜けるという巧妙な売買手口で莫大な利益を確保するわけです。

日々公表銘柄に指定されると、東証でも大証でも同じ影響があります。 未決済の空売りが急増していると、当然踏み上げ相場を期待した買いが入ってきますので、ストップ高レベルの暴騰が期待できるのです。