ここから本文です

そろそろ決算ですなぁ。

毎回想定以上な、なんで途中で上方修正しないの?的な決算が続いてますが、今回はどんなもんでしょうね?

ちなみに、役員による持ち株会は、自信の表れということなのかも知れませんが、我々一般株主には良いだけではないかも知れませんね。

何株買い付けるかわかりませんが、元々ここの大株主たちは取引企業で、その関係性から株を放出する可能性は低いでしょうし、新規株の発行も相当な説得力のある新規事業でも興さない限り、希薄化を懸念する大株主の反発を招くでしょうし・・・

となれば、新規の固定的大株主の出現は、流動性を細らせる要因になります。

一時的にはじわじわ値上がりするでしょうが、値上がりによって手放す短期株主の持ち株を吸収し尽くしたら、上場廃止コースに乗りかねない。

もしそうなったら、大株主には大して影響はでないでしょうが、少数株主にとって換金性が失われてしまう可能性も・・・


かつてここと同様の収益構造を持っていた、日本オラクルやセゾン情報システムズで起きた少数株主無視の現象がここでも起きないか不安です。

日本オラクルは、内部留保をほぼ全額株主に配当する荒技の陰で、大株主に支払う特許料(ロイヤリティ)を大幅に引き上げて、株式配当による利益還元を大幅カットしたことがあるし、セゾン情報システムズは、旧村上ファンドであるエフィッシモに株式を買い占められて、乗っ取りからの防衛のために少数株主の利益は無視されました。

3権分立ではないけど、1つの権力が強くなりすぎるのは不安です。