ここから本文です

>>59

Loan ReceivablesはGLがカンボジアで行なっているSMEローンに関わるものです。当該内容は新しいものではなくすでに2015年末の財務諸表において詳しく解説されています。これはGLが2015年から行なっている事業であり、大きく成長した部門です。カンボジアにおける GLがリース等を提供する、オートバイ、農機具、エネルギーなどの各種器具等のディーラーに貸し付けるものですこの事業はカンボジアにおけるビジネスパートナーと事業を展開しており、会計監査人はそのうち大きな2社についてより詳しい説明をしています。
これら2社はカンボジア並びに当社与信提供におけるパートナーであり、回収においても協力するパートナーです。この事業は現在順調に成長しており、売上高で2015年の173.4百万バーツが、484.9百万バーツに増加しました。

  • >>60

    これらの融資のリスクマネジメントのために、GLは4つのことを行なっています。
    一つ目は融資審査上のリスクマネジメントとして、GLと1年以上取引のあるディーラーにのみ貸し付けています。これはすでにGLの財務諸表上において2015年末より開示している通りです。(Note 5 Master Dealer Agreement)
    二つ目は経済的リスクマネジメントとして、パートナーからの担保提供を受けています。担保には、各種国債、土地、その他の証券による担保、個人保証、GL株が含まれています。 GL株をSMEローンのパートナーが保有しているのは、彼らがパートナーとしてGLの事業成長に期待して、株式を保有していただいていたもので、本事業が始まる前からの長期にわたって株式を保有していただいています。当社マネジメントとしては、GLのDigital Finance事業への強い自信があり、何よりも好ましい担保であると考えて担保提供を求めたものです。
    三つ目は事業運営上のリスクマネジメントとして、2015年当初に開始した時には少額かつ3ヶ月程度の短期融資から開始し、収益性とデフォルトがないために安全であることが確認された後に、金額を徐々に増やすとともに、長期融資に切り替えて行っています。
    四つ目は法的なリスクマネジメントとして、シンガポールやキプロスにパートナー子会社を設立しこれらの会社を通して融資を行なっています。シンガポールやキプロスはカンボジアに比べ、当社にとって有利でかつ安定した法律制度で、リスクの低減を行なっています。また、それらの国の優れた税制度がGLの利益となります。 GLは現在、このSMEローン事業は大きく発展する事業であると考え、ミャンマーやインドネシアなどの国においても一層リスクマネジメントを強化しながら拡大させます