ここから本文です

>>1309

スリランカ以外にも、GLはミャンマーにおいて完全子会社化したマイクロファイナンス企業 BG
Microfinance Myanmar Co., Ltd. (以下、BGMM)の本格稼働を開始する。また、ミャンマーのウィス
キー王(有力実業家)でミャンマー中央銀行からライセンスを受けているファイナンス企業 Century
Finance を所有するAung Moe Kyaw氏との戦略的パートナーシップによる事業連携も開始する。
BGMMは現在、ミャンマー全土において30支店を営業しており、今年、少額ローンやグループロー
ンを拡大させ、50百万米ドルの貸付を見込んでいる。また、Century Financeとのジョイントベンチ
ャーによりサービス会社を設立し、チャネリングサービス(Century Financeへの手数料ベースの顧
客獲得など)を展開し、こちらも同額の50百万米ドルの貸付を見込んでいる。この目標が達成され
れば、合わせて100百万米ドル規模のポートフォリオが生み出されることになる。

  • >>1310

    一方で、GL Finance Indonesia(以下、GLFI)は、昨年の事業開始以降、積極的な拡大を続けて
    いる。此下氏はインドネシアのポートフォリオは、消費者ローンやマイクロファイナンスなど様々
    なローン構成により、今年200百万米ドル規模にまで拡大すると見込んでいる。2.5億人以上の人口
    でアセアン最大の市場にて、GLFIは今後数年において、かなり大きなグループへの利益貢献が続く
    と期待される。
    カンボジア事業においては、グループへの利益貢献面でタイを超える存在となってきた。此下氏
    は、カンボジア子会社GL Finance(以下、GLF)は2017年末までにポートフォリオ規模を現在の約2
    倍の400百万米ドルまでの拡大を見込んでいる。