<重要なお知らせ>掲示板の利用規約について
この度、Yahoo!ファイナンス掲示板の利用規約を改訂いたしましたのでお知らせいたします。
主な修正点として、各禁止事項における詳細説明及び禁止投稿例を追加しました。
規約はこちら→【掲示板】禁止行為、投稿に注意が必要な内容について

【改めてご確認ください】
 ・他人の個人情報にくわえ、投稿者自身の個人情報も削除対象です。
 ・無関係な画像や漫画・アニメなど他人の著作物だと判断される画像は削除対象です。
 ・同様の画像がプロフィールで使用されている場合は、初期化対象です。
ここから本文です
Yahoo!ファイナンス
投稿一覧に戻る

(株)総医研ホールディングス【2385】の掲示板 2023/05/02〜

外部要因(コロナや不買運動)などの一時的な要因で業績が傾くことはほかの企業でもたびたび見られることだが、通常はその間にコスト削減の取り組みを進めて採算は改善したり、リストラなどの組織再編を行うことで、そうした外部要因から抜け出した際に大きな業績の伸長が見込まれるのであるが、この会社は今どのような動きをしているか、ここがポイントである。

この会社に関してはそのような努力が全く見られない、口では業績回復にむけて
いろいろ活動しているかのように言っているが、実態はそのための予算さえ組まれていない状況である、人員の強化と口では言っているが、大して必要な部署の人員を強化している形跡が見られない。IRの人員を強化したといっているがそもそも今にいたってもなんらIR担当からの情報発信すらも行われていない。

商品開発に叱り、営業活動にしかり、コスト削減にしかり、まったく何か具体的な対応をしている形跡がみられない。口先だけで何か進めているかのように言っているが
実際はなにも行っていないものと推測されます。唯一確認できるのは販管費が売り上げに比べてその比率が異常に増えているということである。
その販管費をどのような費用を引き当てているのか、わからないが非常に不透明、
食品の販売強化のためと口では説明しているが、本当のところはどうなのか、株主たちは全く信用していない。

口ではいろいろと業績回復にむけていろいろ対策を実行しますといっているが、
実際にそれ等行われている形跡が全く見られないから株主たちは不安、不信感
を抱くわけで、この会社の株価低迷の本質的な要因はそこにあるもとの思われます。