ここから本文です

評価損を抱えた投資家は、いつかは買値にもどる、売らなければ損は確定しないと、損失を受け入れることを拒否する傾向がある。
しかし、含み損というのは今後も成長する可能性もあるし、資金が固定され機会損失を投資家に与える。
ある意味、評価損は確定した実損より性質が悪いといえる。
それを、売らなければ損じゃないと開き直る投資家を戒めた格言である。