ここから本文です


<注目銘柄>=ケア21、マド埋め完了で好業績を再評価へ

 ケア21<2373>が3月8日に発表した19年10月期第1四半期(18年11月~19年1月)の連結決算は、経常損益が1億2100万円の黒字(前年同期は4300万円の赤字)となった。

 前期は施設の開設に伴う初期投資や人件費増などで赤字を余儀なくされた施設系介護事業が、早期満床を目指して積極的な営業展開を図ったことが功を奏するかたちで黒字に転換。また、在宅系介護事業が底堅く推移したことも業績に寄与した。同社は関西が地盤だが、今後は関東地区を一段と強化する計画で、中期経営計画では最終年度となる21年10月期の連結売上高目標として370億円(18年10月期実績は281億2000万円)を掲げている。

 株価は3月12日に年初来高値1980円をつけた過程で開けたマド(1298~1580円)埋めを完了。第1四半期の経常益が既に上半期計画(8000万円の黒字)を超過していることもあり、時価は押し目買い好機といえそうだ。(参)