IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です
467

mon 強く買いたい 7月30日 01:06

㉑追加‼️

①5種類の治療と予防のコロナワクチン
②幹細胞の神経系細胞の作成
③網膜色素変性治療製剤
④虚血肢治療製剤
⑤褐色脂肪様細胞を用いたメタボ
⑥結核菌の遺伝子ワクチン
⑦再生医療を用いた腰痛治療
⑧多発性骨髄腫
⑨心筋細胞
⑩ Phinmed IP, Inc
医療シーズの商業化、ライセンス活動および資金調達
⑪エイズワクチン
⑫沖縄の医療ホテル完成
⑬ブロックチェーン
⑭IDファーマ上場
⑮IPS化粧品OEM
⑯自社株買い
⑰株式分割
⑱中国共同開発ワクチン
⑲エボラワクチン
⑳ICHIKA株主優待
㉑iPS 細胞バンキングサービス「iCELL BANK」



2021 年7月 28 日 米アイ・ピースとの iPS 細胞作製・保管サービスの
提携に関するお知らせ
当社は、米アイ・ピースと連携し、個人向け医療用 iPS 細胞の作製・保管サービスを推進 することといたしましたのでお知らせいたします。
当社グループが推進する細胞バンク事業「iCELL BANK」(アイセルバンク)において、 当社グループが持つ全国2,245の提携医療機関ネットワークを活用してiPS細胞作製・保管 サービスを国内各地に広げてまいります。提携医療機関では問診および採血を行い、採血し た血液をアイ・ピースの日本子会社アイ・ピース株式会社が持つiPS細胞製造施設(京都市) に送付し、アイ・ピースがiPS細胞の作製と作製後の保管を行います。(本年10月サービス 開始予定)
当社グループの医療機関ネットワークを窓口として活用することにより、各医療機関に おいて当社グループの CRC(Clinical Research Coordinator)が iPS 細胞の作製・保管を 希望する個人顧客をサポートし、より簡便に説明、問診、採血などが受けられるようになり、 顧客の皆様により身近な拠点でサービスを受けていただくことが可能になります。アイ・ピ ースが保有する iPS 細胞製造施設は、厚生労働省より特定細胞加工物の製造許可を取得し、 医療用途を前提とした厳格な管理体制の下で製造しており、日米両国の規制にも適合して います。(アイ・ピースについて https://ipeace.com/ )
当社は、自分の iPS 細胞を作製・保管し、将来、病気にかかった際に保管している iPS 細 胞を用いて再生医療やオーダーメイド医療等に活用することができる、個人向けの医療用 iPS 細胞バンキングサービス「iCELL BANK」を推進することで、安心で健やかな未来の 実現を目指します。