IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

政府は最速のワクチンの接種が最重要課題なのか、米国、英国と海外から輸入の発表に余念がない、が、それらもまだ完成するか確証はない。ウイルスの変異、特徴を考え、日本の変異に対応するワクチンを開発し続けるためには日本での、日本の会社が作るワクチンをしかもより安全志向のワクチンを中心的に考えたほうが良いはず、国立感染症研究所としては今後担当の日本のワクチン開発の加速化、予定などを政府に随時報告、進展を図りたいはずと想定したい。空売り外資はますます、日本のワクチン開発に対する空売りに本腰を入れてくる可能性も高くなってくると思う、大きなビジネスとして国際的なロビー活動などに圧倒され、染色体に影響のある、次世代に奇形を生む可能性のあるワクチンを強制義務接種などされないことを望む。直近空売り外資に立ち向かう投資家の強い姿勢を懇願する。