ここから本文です

河川の氾濫というものはやっかいだね。1階にある家電から生活身の回り品、車も使い物にならない。何万もの家庭がTVや冷蔵庫、寝具から台所用品をそろえなければならない。えらい額の被害はそのまま今後の急速な需要に回る。
お金があればいいが、裕福な人ばかりじゃあない。融資を受けるだろう。

 義援金、復興支援金、特別融資、そして土木建設は広範囲に同時に及ぶだろう。
人材の不足は当然ながら起きることになる。手早く動くが勝ちだ。