ここから本文です
161

sae***** 買いたい 2016年12月5日 17:05

「スキー人口はバブル時代から半減し、スキー関連市場規模(金額)は4分の1に減ったが、近年は底打ち持ち直しの兆し」と今年1月の国土交通省観光庁のレポート(スノーリゾート地域の現状)の記述。暖冬の影響等天候要因は、作年度の決算に大きく影響したものの、今年の降雪を個人的には期待。海外からのインバウンド需要も長い目で観光立国を目指す流れからも追い風と判断。株式相場では日々の天気より気候を見て判断せよと言われるが、この冬の天気はやはり気になる。バブル時代の中高年スキーヤーが、孫を連れてアクティブになってくれたらもっと良い。当社の夏場の索道稼働の経営努力も評価したい。長野、新潟の豪雪は地域住民の方々のご苦労を考えれば喜ぶことではないが、ほどほどには降って欲しいと思います。