ここから本文です

自社株買いはそんなに魅力的ですか?

今の世界的経済状態と1年前の状況では違うんです
今世界のクジラの2%しか、日本株は扱われてません
しかも皆、売りです
何故か?日本には世界に急激に躍進することを期待出来る会社が無いからです

また地政学的な問題や、アメリカの利下げ催促相場を見越した動きなどを考えてみると、企業は守りに入る為、外国人一般投資家が売る分を自社株買いで補うしか無いんです

ただ今は体力の若干ある黒字会社しか出来ない技です
それが出来るという事は、将来性を見越してる銘柄なんですよ…
出来なければPRやちょっとしたIRで誤魔化します

6月辺りから自社株買いの会社が騒がれ出して、期限が9月末辺りというのが多いのは、この辺りで外国人一般投資家や外国機関が売りに出るのが、通年来週辺りからなのに輪をかけて、地政学的問題と催促相場が重なるからです

それに耐えられるかは、今企業が打つ手で有効なのは自社株買いなんです
発行枚数減らすでもいいわけですが、一応ココ300万株 合計5億を9月末まで自社株買いするって言ってますよね

また昨年も自社株買いが出来て、増配されたのなら、なおさら耐えられる会社の可能性が高いんです

コレが今年の自社株買いに注目されている理由です
当たらないみんかぶ ですが、今までずーっと、7月に上げた時すらアナリストは無視してました
それが今回の自社株買いで、急に強気に出てます

結果は今惨敗の、まぁ塩漬け組ですから笑われても仕方ないですけどね 笑笑