ここから本文です

積極的材料があっても株価は上昇するとは限らない
まして思惑材料のみなら、しかり
思惑が思惑である限り、そこを突っ込まれての売り煽りは仕方がないかなとは思う

2017/7:IEEE(世界規模の電気電子学会)での論文から始まり
日本国内特許取得、IFRS(国際会計基準)の任意採用、USAはじめ国際特許出願、大手ディストリビュータ接触の社長お察し発言、特許国際公開、空売り機関総撤退(一部は残っているようだが)、外資イーストベイの株式保有 などなど
思惑材料盛り沢山
ガチホ組はガチホたる根拠を丁寧に説明しているのだが、売り煽りの方々はどのような反論があるのかな?

もちろん現状思惑相場だから、現時点「過熱しすぎで売り推奨」なら納得
でも根拠のない単なる煽り売りなら、無視
空売りが悪いわけではない、自分もASJ以外は空売り多用しているから
思惑材料への反論も是非聞きたいな (判断は自己責任で)

  • >>853

    まぁ、嘘や風雪はともかくとして、事実に基づいてどうなのか?を話し合うのが掲示板かと思います。

    ありもしない事実をさも真実かのように煽る買い煽りも問題ですが、同様にただ不安を煽る売り煽りもどうなんですかね?

    その後、もし、株価が期待の材料のとおり暴騰した場合、売り煽りに不安を煽られて手放したがために、本来手にできたはずの大金を逃すわけですよね。

    どっちもどっち。

    ようは、自分で判断して売買するしかないという結論に至りますね。

    長年ここに残ってる方々は、皆、自分で材料を精査したからまだいるわけで。

    もちろん、変わらずずっと3桁の株をホールドしてる人、すでに一度手放して最近久しぶりに買った人、一部ホールドして回転させてる人、色々いるんでしょうが、自分で納得して売買するのみ。

    ちなみに、私は一部ホールド、回転派です。

    様々な意見やモノの見方がある中で、私自身が判断してやっています。

    理由は期待値は凄く高いけどいつ飛び出すか分からないこと、材料の大きさと不動株式の少なさ故にボラが大きく、イナゴが集まり激しく株価が変動するため。

    以上、酔っ払いのたわごとでした。

    くるーーーー!