ここから本文です

一筆啓上
久し振りの投稿です。
この連休は天候が安定せず、
皆さま大変なGWですね。
晴れあり、曇りあり、そして風雨あり。
できればいつも穏やかであればと思うのだが。
ご旅行の方は、衷心から、ご同情いたします。

さて、思うに、今の株式市場は我々の意に
ならない、まるで親(株主)の言うことは
聞かない、舶来かぶれの放蕩息子…?
そんな感じですかね。

だけど、いいじゃないですか、
トラ社に限っては待ってやりましょう。

それが、ワシの結論。

実は、ワシ、トラ社抵抗ライン(777円)付近
で相当仕込みました。

それは、ここでは言えないくらいの数。
勿論、女房にも言えないくらいの株数。

ワシは、あと何年生きるか分かりませんが、
本当に、ワシはトラ社株を全力で仕込みました。
それは、福永社長の姿勢に惚れて仕込みました。

実は人生、こんな博打みたいなことワシ初めて。
しかし、かくなる上は福永大将に惚れたからには
ワシはトコトン大将について行く。

だって、いいじゃないですか
大将は、絶対に、期待に応えてくれる大丈夫だと
ワシは確信しているし…。

さわさりながら、万が一、大将が挫折し
例え、ワシの株が市場の藻屑になろうが、
全てワシの責任。大将には何も云うまい、
シウマイ崎陽軒…と、ワシは思っている。

だって、
惚れるとはそういうことではないのかな?

そこで、
皆さま、短期を起こさずに待ちましょう。
待てば、必ずいいことがあると思うよ…。

最後に、恐れ多くも風神・雷神・天神に物申す。

「願わくば 花の下にて春死なん…」とは云わぬが 
願わくば、ワシの生きているうちに、福永大将には
最上の慶福あれと…切に願う。

(長文恐縮至極)