ここから本文です

>>1032

なお、短信は。
「ジェノミクス事業では、期首スタート時点での受注残高不足により減収赤字となった。CRO事業においては積極的な営業・受注活動により大幅増収となったが、人員増等に伴う固定費増により営業損失が前年同期を上回った。先端医療事業においては、同部門売上が下期片十型であること、未だ個人向け遺伝子解析サービスについて損益分岐点を大きく下回る操業度で推移したことを受け、営業損失が発生している。中核事業である病理診断事業においては、計画を上回る増収増益となった。