ここから本文です

 大腸癌の治療前陽性率に関する研究結果を報告した当時、私達はDiAcSpmが既存の血清腫瘍マーカーCEA, CA19-9を凌ぐ高感度の腫瘍マーカーであり、大腸癌に関する第一選択の腫瘍マーカーになり得るだろうと期待した。
しかし、前節に述べた測定値の経年推移に関する経験を経て、現在はその考えを修正し、CEAとの併用によって癌診断の補助として役立てることを目指すのが適切なのではないかと考えている。一方、細胞増殖に伴うポリアミン代謝の活性化の反映として癌の種類を問わずにしかも比較的早期から上昇するという汎用腫瘍マーカーとしてのDiAcSpmの特性は一貫して変っておらず、大腸癌を含めていくつかの癌において、診断および治療の過程において臨床サイドで必要とされる情報を提
供できる可能性が示唆されてきている。

尿中ガンマーカーの紆余曲折した経緯が書いてあります。