ここから本文です

>>1011

ぶっちゃけ、家電製品などの工業製品ならパクる意味あるが、
サービス業である極楽湯ごとき、
パクるまでもないわ。
それっぽい日本風なネームで日本語のノレンや表記を館内に散りばめれば、
客は勝手に日本資本の店と誤認してくれる。

台湾に「の」の付く商品が多いのがその理由。
鮮の味と書いてあるオレンジジュースとか、
美のなんとかと書いた化粧品など。

大江戸温泉がパクられたのも江戸はいかにも日本ってイメージの単語だから。
極楽湯だとどこが日本なの?って感じです。
だから桜湯とか富士湯とか大和湯とか草津湯とか熱海湯とか
いくらでもやりようがある。