IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

>>995

すでに御存知のとうり、桜の会の一件で安倍さんの再任説はトーンダウン。
この悪報がこのタイミングで出た事が重要で、アメリカの陰謀が疑われる一件です。

以上は1例です。
いわゆる戦時体制に移行しているのですが、今の菅内閣にそんな自覚があるのか?正直疑うレベルです。戦時の内閣としては不向きかもしれません。そういう意味で心配しています。

今は私は相場でトレードをしていません。
理由は戦時下であり、1日1日でとんでもないビッグニュースが連続して出てくるからであります。

真珠湾は季節的に考えるべき事項ですが、国と国との接触よりは、国内での内乱を抑え込むのが先決であろうと思います。具体的にいうと暴動やテロ対策です。

米国では東海岸と西海岸地域に米国海軍が多数終結。異常な数だといいます。
上空も軍用機が頻繁に飛んでいます。噂どうりに戒厳令はいつでも発令できる事は間違いないと推察される。

また中國側も北側にロシアの戦車隊が集まりつつある という情報もあります(こちらは確度が?)

御存知のとうり、1カ月以内にフランスと英国の空母も中國近海にやってきます。
ドイツを含めて欧州も中國と抗戦する準備は整った。 と言えると思います。

2020年8月ごろより米国潜水艦部隊に戦時下出撃体制が出ています。これから半年、すでに兵站を含めて実働段階に入ってオカシクない時期になりました。

ちなみに真珠湾攻撃はソ連スパイ工作により米国大統領府が汚染され、日本が米国を攻撃するように仕向けられ、それを米国大統領が見過ごす という陰謀が近年証明されています。トランプはこの説を少なくとも理解している団体から献金を受けている為に、日本に対しては極めて親切に接してくれています。

過去形で語らねばならない可能性もあり、この件は残念です。
なおトランプは菅政権の動きを糾弾しており、トランプ復権後の関係は悪化を免れません。