IDでもっと便利に新規取得

ログイン


ここから本文です

【追記】
①については早速進展があった。
最高裁判所はテキサス州からの訴訟を棄却。

理由はテキサス州etcは選挙結果や内容について被告州4州を訴える為の権利を有していない。 というものであった。

棄却された場合の予測された判決であったが、トランプ陣営からすると作戦タイムを獲る展開だ。

・このタイミングで諦める。撤退
・要するにこの件で各州の訴訟を地道に積み上げれば良いのだから、大統領職を失う形でも司法面での攻撃を辞めない。持久戦
・いや大統領職を含めて解決をするために別のプランを実行する。速攻。

いろいろ考えるべき事でトランプ陣営の発表に注目が集まる。

①は司法面での動きだが、トランプ陣営は大規模同時攻撃に作戦を切り替えており、まだ抗戦するのではなかろうか?と個人的には思う。

棄却の理由はハッキリしている。
本質的には民主党の晴れて万歳、バイデンは強力な大統領として発足できる。という状態になっていない点が重要だ。
あくまで手続き上の話で、メルトダウンの時に最高裁が機能しない という機能不全の状態であろう。

機能不全の最高裁は頼りにならない。
次の手は? 当然戒厳令発令などの武力行使に移ってくるわけだが、おそらくトランプはこの手段を使わない と個人的には思う。
使うときは防衛手段としてだけの、暴動の鎮圧時に限られると 思う。

どちらに転ぶにしろ、トランプ陣営の動きに注目だ。